自治体の処分費用より割高になる

不用品回収業者に使わない家具や家電製品などを処分してもらう場合、大抵は自治体による処分費用よりも割高な出費になります。回収業者も利益を得るために処分費用を決めているので、自治体よりも割高になるのは仕方がないと言えるでしょう。回収業者の多くは不用品の数が多いほど一つ当たりの費用を割り引くサービスを行っていますが、見方を変えれば数が少ないほど割高な出費になるのも事実です。一方で回収業者に頼むのは大きく、重たい不用品を運ばずに済むメリットもあります。高齢者や単身者など不用品を運ぶのが困難な人は回収業者に頼るのが賢明な選択と言えるでしょう。回収業者はある程度の時間指定も可能なことから、多忙な人にも向いています。

悪質な業者に遭遇する可能性がある

不用品回収業者のすべてが誠実な運営を行っているとは限りません。稀に不法投棄や高額な請求を行う悪質な業者も存在します。不用品の処分費用は具体的な相場が分かりにくいこともあり、悪質な業者を見分けるのは難しいのも事実です。それでも、街中を軽トラックなどの車両で走り回って無料回収を謳ったり、チラシを投函する業者は悪質な業者の可能性が高いと言えます。不用品回収は依頼者から申し込むのが普通であり、業者の方から営業をかけることはほとんどありません。また、処分費用が無料ということもほぼあり得ないので注意が必要です。市区町村から委託されている業者を選ぶなど、信頼できる業者を予め確認しておくのがトラブルを避ける工夫になります。

東京で安い不用品回収の業者は、回収可能なものの種類や量が限られることがありますが、自治体のゴミ回収のサービスを補完するものとして需要が高まりつつあります。